ナ行

ナイジェリア
(Nigeria)
アフリカ中西部、ニジェール川下流にあり、ギニア湾に面する連邦共和国。首都ラゴス(Lagos)、面積92.4万平方キロ、人口6,783万。主産物は落花生、ヤシ油、ココア、綿花。コーヒーは重要な農産物ではない。
ナチュラル(
naturals)
〔自然乾燥コーヒー〕
アンウオッシュド(unwashed)と同じ。
ニカラグア
(Nicaragua)
中央アメリカの中央部にある共和国。首都マナグァ(Managua)、面積13万平方キロ、人口約201万。
  主産物はコーヒー、サトウ、砂糖キビ、綿花など。
    〔生産量〕 
        1974/75    700,000俵
        1975/76    313,000俵
        1976/77    867,000俵
        1977/78    967,000俵
        1978/79   1,075,000俵
   生産品種はアラビカ。収穫期は11月〜3月。ニカラグアコーヒーは全般に中粒で青緑色を呈し、炒り上がり良く、酸味を有する。主産地は南部のマナグア(Managua)
カラソ(Carazo)、マサヤ(Masaya)、中央部、北部のマタガルパ(Matagalpa)、ヒノテガ
(Jinotega)、マドリス(Madriz)、エステリ(Esteli)、ボアカ、(Boaca)、オコタル
(Ocotal)。
 ニカラガコーヒーは次のタイプに分類される。
   ラバド・ニカラグア(Lavado Nicaragua)
   ラバド・マタガルパ(Lavado Matagalpa)
   ラバド・ヒノテガ(Lavado Jinotega)
   ラバド・マラゴジペ(Lavado Maragagipe)
 又産地の高度によって次のとおり分類される。
 Central Estrictamente Altura  4,700〜600フィート
 Central  Altura  4,000〜4,700
 Central Buen Lavado  3,000〜4,000
 Central Standard     3,000フィート以下
   〔輸出量〕
        1973   622,000俵
        1974   557,000俵
        1975   674,000俵
        1976   802,000俵
        1977   809,000俵
主要輸出先は米国、西ドイツ、ベルギー、オランダ、
  輸出港はコリント(Corinto)サンホワンテルスール(San Joan delSur)。
ニューイングランド・ロースト
(New England Roast)
焙煎度を示す言葉で、浅炒りを指す。
ニューカレドニア
(NewCaledonia)
南太平洋のメラネシア南東部にある、フランス海外領土。海岸地方の平野ではコーヒー、サトウキビ、コプラを産出。
ニューヨークコーヒー砂糖取引所 (New York Coffee&Sugar Exchange)
コーヒー取引を目的として1882年に設立された世界最古の取り引き所の1つ。1916年上場商品に砂糖が加えられた。
  米国のコーヒー業界は取引所設立前の数年間、買占めが横行して相場が激しく変動し、一流会社の倒産など大混乱の状態にあり、業界の信用は失われ、取引は激減した。このような状態を抜け出し、秩序ある取引を回復するためには、@売買手順の統一化A信頼しうる価格の確立B品質の標準化Cトラブル発生の場合の仲裁方法の決定D場激変の防止策、などが必要条件であり、この条件を満たすものとして取引所が設立された。。
  ニューヨークコーヒー砂糖取引所は、売り手と買い手が、一定の規則に従って一定の商品の取引をする場所を提供する。主として先物が取引されるが、これは定められた産地の、定められた品質のコーヒーを特定の月(これを、売買契約を最終的に決済しなければならない「期限の月」ということで「限月」という。ニューヨーク取引所では、3月、5月、7月、9月、12月、3月)に受け渡す契約である。
  ニューヨークコーヒー砂糖取引所には取引の対象となるコーヒーの種類により、ビーコントラクト(B号約定)シーコントラクト(C号約定)、ユーコントラクト(U号約定)がある。
ヌエビタス
(Nuevitas)
キューバ中東部、カマグェイ州の都市。コーヒー、ココア、サトウキビの栽培中心地。

トップ        ハ行